1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米雇用者数は前月差+22.5万人と上振れ

米雇用者数は前月差+22.5万人と上振れ

2020年1月米雇用統計:低失業率は維持、賃金上昇率の伸びも加速

2020年02月10日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2020年1月の非農業部門雇用者数は前月差+22.5万人となり、市場予想(Bloomberg調査:同+16.5万人)を大きく上回るポジティブな結果となった。今回の公表に当たり、事業所調査の年次ベンチマーク変更及び季節調整替えが行われたが、2019年は1-4月が下方修正された一方で、5月以降は8月を除いて上方修正された。2019年後半以降、雇用者数は堅調なペースを維持しているといえる。

◆家計調査による2020年1月の失業率は前月から+0.1%pt上昇し、3.6%と市場予想を上回った。失業率が上昇したとはいえ歴史的低水準圏で推移していることや、労働参加率も上昇したことを踏まえれば、ポジティブに捉えるべきである。賃金の動向に関して、2020年1月の民間部門の平均時給は前月比+0.2%と、市場予想(Bloomberg調査:同+0.3%)を下回るも、2019年12月に比べて伸びは加速した。

◆2020年1月の雇用統計を総じてみれば、雇用者数の大幅な増加、賃金上昇率の再加速、歴史的低水準圏で推移する失業率、と3拍子揃ったポジティブな結果であったといえる。こうした良好な雇用環境は個人消費が主導する米国経済の自律的な成長をサポートすると期待できよう。

◆堅調な雇用環境を喜ぶべきだが、マーケットは利下げ可能性を低下させ得ると考え、落胆したようだ。新型コロナウイルスに伴う世界経済の下振れリスクは、FRBも認識しており、米国経済への悪影響が甚大であれば、FRBは利下げを決断すると考えられる。しかし、足元の米国経済の底堅さや、資産価格のバリュエーション上昇といった利下げの副作用を踏まえれば、FOMC参加者は現状維持が基本スタンスだろう。利下げに対する過度な期待は禁物である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加