1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FRB銀行上級貸出担当者調査(2016年10月)

FRB銀行上級貸出担当者調査(2016年10月)

商業用不動産ローンの貸出基準の厳格化が続く

2016年11月17日

ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆2016年10月の調査によると、企業向けローンにおいては、商工ローンの貸出基準は基本的に変わらなかったが、商業用不動産ローンの貸出基準は厳格化された。借入需要は、大・中堅企業向け商工ローンの需要が減少したとの回答が米国銀行からあったものの、中小企業向けの需要はほとんど変わらなかった。商業用不動産においては、建設及び土地開発ローンの需要が増加した一方で、非農業用・非住宅用不動産物件ローンと集合住宅物件ローンの需要はほぼ変わりがなかった。


◆家計向けローンにおいては、住宅ローンのGSE適格住宅ローンに対する貸出基準を緩和した銀行が僅かにあったほか、QMジャンボ住宅ローンや、QM非ジャンボ・GSE非適格住宅ローンに対する貸出基準を緩和した銀行が若干あった。消費者ローン貸出基準は基本的に変わらなかった。借入需要は、住宅ローンの大半の分野で増加し、消費者ローンにおいては自動車ローンとクレジットカードローンの需要が増加した。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加