1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 12月の利上げを市場に打診

FOMC 12月の利上げを市場に打診

経済指標次第だが、利上げに向けた条件は12月に揃うか

2015年10月29日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2015年10月27日-28日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策を維持し、保有する資産規模を維持することを決定した。利上げ開始に対する明確なシグナルはなかったが、12月会合で利上げを検討することが明示された。


◆今回の声明文では、個人消費、設備投資への評価が変更され、やや明るい印象となった。雇用では改善ペースの鈍化に言及したが、改善が続いているとの判断が据え置かれた。また、前回追加された海外経済・金融市場のリスクに関する記述の一部は削除された。


◆このところ低迷しているインフレ率は、原油価格下落によるエネルギーの下押しが主因であり、下押し圧力は年末にかけて縮小する公算である。コア物価の上昇には更なる雇用環境の改善が必要だが、FRBは従来ほど高い雇用の伸びを求めていないとみられる。


◆経済指標、海外経済・市場動向や財政問題などの米国経済を取り巻く環境、市場の織り込みが揃う時にFRBは利上げに着手するだろう。多くのFOMC参加者はそのタイミングは12月と想定し、今回の声明文は12月利上げの可能性を市場に打診したと言えよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加