1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 個人消費が支える米国のGDP

個人消費が支える米国のGDP

2014年10-12月期の実質GDP成長率は減速

2015年02月02日

金融調査部 主任研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆2014年10-12月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比2.6%増と7-9月期の同5.0%増から減速した。インフレ関連指標は伸び率が鈍化した。


◆GDPの押し上げに寄与したのは、個人消費、設備投資、住宅投資、在庫投資であり、特に個人消費が高い伸びとなってGDPを押し上げた。個人消費、設備投資、住宅投資の合計では、わずかな減速であり、民間需要は落ち着いた成長ペースと言える。設備投資の減速が一時的かどうかを注視する必要がある。


◆一方、輸出の伸びが鈍化し、輸入が増えたことで純輸出がマイナス寄与となり、また国防関連の政府支出がマイナスに転じて、政府支出はGDPを押し下げた。政府支出の増減は国防関連であり、地政学的リスクに左右されたとみられ、海外経済や地政学的リスクなどの動向を注視すべきだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加