1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

2014年5月の米雇用統計:しかし賃金上昇圧力は限定的

2014年06月09日

笠原 滝平

サマリー

◆2014年5月の非農業部門雇用者数は前月差21.7万人増と、前月(同28.2万人増)から増加幅が縮小したが、4ヵ月連続で20万人台の増加となった。悪天候の下押しやその反動増を経て、なおも雇用の量的改善が続いていることが示された。


◆失業率は6.3%と前月から横ばいで、失業者数は僅かに増加したが、平均失業期間の短縮や、会社都合の失業者数の減少など改善が見られた。また、就業者に関しても、フルタイム就業者数の増加や経済的理由のパートタイム就業者数の減少が確認できた。


◆このように、雇用環境の改善が続いていることを示す内容であったが、依然として賃金上昇圧力は限定的であった。低賃金の雇用が増えているだけでなく、生産部門やサービス部門に分けてもそれぞれの賃金上昇ペースがリーマン・ショック前を下回っていることから、労働市場の需給が十分にタイト化していないとみられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加