1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 30万人に迫る雇用者数の増加

30万人に迫る雇用者数の増加

2014年4月の米雇用統計:しかし賃金の上昇圧力は引き続き限定的

2014年05月07日

笠原 滝平

サマリー

◆2014年4月の非農業部門雇用者数は前月差28.8万人増と大幅に増加し、6ヵ月平均でも同20.3万人増と2013年11月以来の20万人台となった。業種別では引き続きサービス部門が全体の増加をけん引した。また、2008年2月から2010年2月にかけて失われた雇用者数はおおむね元の水準まで戻った。


◆失業率は6.3%と前月から0.4%ポイント減と大幅に低下し、平均失業期間なども短くなった。しかし、背景には労働参加率の低下があり、特に若年層の労働参加率が低下したことなど労働市場の質的改善は依然として十分ではない。


◆パートタイム就業者数は高止まりしており、労働市場の「たるみ」の一つとして注目されている。その中でも経済的理由のパートタイム就業者は循環的要因だけでなく、構造的要因も含まれるとみられる。背景には産業構造の変化による必要なスキルの変化や長期失業によってスキルを失うことなど、スキルによる雇用のミスマッチの存在が指摘できるだろう。


◆雇用の量的改善が続くが、賃金上昇圧力は限定的である。雇用者数増加の産業別偏りだけでなく、企業が必要とするスキルを持たない労働者の供給過多の可能性などが背景にあるとみられる。金融政策を占ううえでは、労働市場の問題としてだけでなく、現在抑制されているインフレ動向の上昇余地を確認する意味でもこうした労働市場の「たるみ」の確認が必要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加