1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 悪天候に負けない雇用改善

悪天候に負けない雇用改善

2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇

2014年03月10日

笠原 滝平

サマリー

◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。


◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった。


◆失業者数の増加によって失業率は前月から0.1%ポイント上昇した。失業者の内訳を見れば、雇用環境改善の認識が広がっている可能性があり、必ずしもネガティブに捉える必要はない。


◆悪天候であった12月、1月の雇用統計から雇用環境の基調を判断することは難しかったが、2月は引き続き悪天候にもかかわらず雇用環境の改善が見られたことから、3月のFOMCでも資産買い入れ規模の縮小ペースを変更しないだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加