1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国のFTA戦略

米国のFTA戦略

輸出倍増に向けた米国の取組み

2013年03月18日

金融調査部 主任研究員 土屋 貴裕

ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美

サマリー

◆安倍首相の訪米時に関心が高まったTPP はオバマ政権と米議会でも重要課題である。オバマ政権は2010年に輸出倍増戦略を掲げ、官民での輸出倍増に向けた取組みの一環としてFTAの活用が挙げられている。


◆米国は、カナダ、メキシコ、韓国など、すでに20ヵ国とのFTAを締結、発効させている。米国の輸出は拡大基調にあり、FTA締結国向けの輸出増も寄与しているとみられる。米国内においてもこれまでのFTAへの批判や、交渉時の反対意見は存在してきた。


◆オバマ大統領は、今年、2013年の一般教書演説においても今後の経済成長に向けたFTAの推進を再説した。対EUの米欧FTA交渉が始まり、そしてTPP交渉妥結に向けたFTA戦略を推進していくと考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加