1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC:ジョージ総裁が反対も政策変更なし

FOMC:ジョージ総裁が反対も政策変更なし

新たに投票権を得たカンザスシティ連銀総裁が指摘するインバランス

2013年01月31日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

笠原 滝平

サマリー

◆政策変更はなく、事実上のゼロ金利政策と「QE3(量的緩和第3弾)」は資産買い入れ規模を含めて変更はない。またゼロ金利政策と資産買い入れを継続する期間の指針も変更されず。経済の現状認識は、天候等の一時的要因を理由として下方修正された。


◆討議資料であるベージュブックからは、金融政策の変更は示唆されない。また、これまでの失業率低下ほどは雇用環境が改善しているとは言えず、労働市場発のインフレ圧力は限られる。こうした経済の動向からは、緩和的な金融政策が継続されよう。


◆前回のFOMCでは長期国債購入に対し、メンバーの意見が分かれていることがわかった。今回から投票権を得たカンザスシティ連銀のジョージ総裁は、反対票を投じた。他のメンバーを含めてFOMCで具体的にどのような議論があったか、議事録にも注目したい。


◆資産買い入れの効果は金利低下などであり、コストはジョージ総裁も指摘する経済や金融のインバランス(不均衡)から生じる資産バブル的な要素だろう。資産市場で極端な動きが生じた場合には、資産買い入れの縮小、停止が視野に入ることも想定される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート