1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2017年12月雇用統計

2017年12月雇用統計

正規雇用者数は男女ともに減少

2018年01月30日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆2017年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt上昇し2.8%となった。失業者数は3ヶ月ぶりに増加、就業者数は2ヶ月ぶりに減少、非労働力人口は横ばいとなった。女性失業者が増加したことによる影響が大きいが、一般的に女性の失業期間が短いこと、自発的な失業が多いことを踏まえると、失業者の増加は一時的なものに留まる可能性が高い。ただし、男女ともに正規雇用者が減少している点には注意が必要だ。


◆この1年で正規雇用者数は男女ともに多くの産業で増加している。男性では、建設、運輸・郵便、医療・福祉といった人手不足産業や製造業を中心に非正規から正規への切り替えが起きている。さらに、それだけではなく、新たに正規雇用者を雇う動きも強い。他方、女性では、引き続き非正規雇用者増加が続いているものの、それを上回る勢いで正規雇用者が増加している産業が多い。


◆2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0.03pt上昇し1.59倍、新規求人倍率(同)も前月から0.05pt上昇し2.42倍となった。有効求人倍率、新規求人倍率はともに歴史的高水準で推移しており、労働需給は非常にタイトな状況にある。また、正社員の有効求人倍率(同)は前月から0.02pt上昇し1.07倍となった。


◆2017年11月の現金給与総額は前年比+0.9%と4ヶ月連続で増加した。内訳を見ると、所定内給与(同+0.3%)、所定外給与(同+1.9%)、特別給与(同+7.9%)の全ての項目で増加した。均してみれば、現金給与総額は非常に緩やかながら増加基調にある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加