1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 生産性を高めて非連続的な変化にも耐えるビジネス環境が急務

生産性を高めて非連続的な変化にも耐えるビジネス環境が急務

日本経済中期予測(2017年2月)9章

2017年02月10日

経済調査部 主任研究員 溝端 幹雄

サマリー

◆雇用コストの吸収には高い生産性の実現が必要だが、日本のビジネス環境は相対的に後退。世界最先端レベルの規制・行政改革により日本の1人当たりGDP成長率は1%ポイント強の上乗せが可能。日本はスピード感を持ってビジネス環境の改善を進めるべき。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート