1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 現役世代の消費と資産

現役世代の消費と資産

日本経済中期予測(2017年2月)4章

2017年02月09日

経済調査部 研究員 廣野 洋太

経済調査部 主任研究員 溝端 幹雄

サマリー

◆個人消費の回復に向けて懸念すべき事項として現役世代の貯蓄動機の高まりがある。現役世代の実物資産を含む総資産は減少しており、社会保障・雇用に起因する将来不安も大きい。可処分所得が増加しても高まる貯蓄動機に吸収されれば、消費は増えない可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート