1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州経済見通し 「正常化」へ最初の一歩

欧州経済見通し 「正常化」へ最初の一歩

ロックダウンの解除は長期戦

2020年04月21日

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

サマリー

◆新型コロナウイルス感染拡大を受け、欧州各国では概ね3月半ばから「ロックダウン(都市封鎖)」が継続されてきたが、感染拡大ペースが鈍化する中でその解除に向けた最初の動きが出てきた。オーストリアとデンマークに続いて、ドイツも4月20日より店舗営業の一部再開を決め、学校での授業再開の方針も打ち出した。

◆ユーロ圏、英国ともロックダウンに伴い急速かつ大幅な景気悪化が進行中で、大量の企業倒産や失業者急増を回避するためには、ロックダウンを早期に解除するべきとの要望が高まっている。とはいえ、有効な治療薬もワクチンもまだない中で、拙速な解除で感染が再度拡大することへの警戒も強い。ロックダウンの解除は慎重に、段階的に進めざるを得ない。

◆欧州経済の急速な悪化は今年前半までに歯止めがかかると想定しているが、ロックダウンの解除は長期戦になると見込まれるため、年後半の景気はV字回復とはならないと予想する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加