1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 新型コロナウイルスで高まる欧州リスク

新型コロナウイルスで高まる欧州リスク

イタリアから新たな金融危機の可能性

2020年03月17日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

◆新型コロナウイルスの感染拡大の中心地は、既に中国から欧州に移っている。中国に次ぐ影響が確認されたイタリアでは、3月8日に感染拡大抑止に向け、ミラノを州都とするロンバルディア州などの北部一帯を隔離対象として封鎖する法令を発令、翌9日にはその対象を国内全域に拡大した。また3月1週目から急速に感染者数が拡大しているスペインやフランス、ドイツも、それぞれイタリア同様に休校措置をとり、食料品店などの必要最低限の商店以外の営業が禁止となった。

◆トランプ大統領は、シェンゲン協定に参加していない英国でも感染者が急増しているため、(欧州26カ国に加えて)3月16日から英国およびアイルランドを渡航禁止の対象としている。確かに英国では、急激に感染者数が増加し、欧州での感染拡大のペースを後追いしていることが分かる。感染者数が100人を超えてから、同じ日数だけ経過した時点での累積感染者数を指数化してみると、9日目の段階で英国は日本の約3.4倍、シンガポールの約5.3倍のペースで感染者数が増加している。

◆イタリアはユーロ圏経済の弱点であり、新型コロナウイルスによる移動制限が課される前でも、この10年間で4回目の景気後退に直面しつつあった。ECBが3月の定期政策会合で、自己資本比率規制の緩和を決定したものの、イタリアの銀行のいくつかは、既に実質上の債務超過状態にある。そのため、今問題になっているのはイタリア経済のマイナス成長の度合いではなく、イタリアの銀行危機が各国に伝播するかどうかという点である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加