1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. コロナ・ショック:市場の選別が始まった

コロナ・ショック:市場の選別が始まった

新興国経済ニュースレター(2020年5月)

2020年05月12日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

サマリー

◆コロナ・ショックによって新興国全般からカネが逃げ出すという局面はいったん終わった。今起こっているのは、市場の選別である。当面はショック初期の資本流出などによる痛みの軽微な国、厳しい国、および新型コロナウイルスの感染拡大の程度によって、二極化・三極化する状況が続くだろう。

◆その観点では、アジア新興国は勝ち組と目されるが、同地域にはコロナ・ショックが保護主義的風潮を強め、世界貿易の停滞を長引かせる可能性があるという、別種のリスクがある。アジアはサプライチェーンの複雑化、その背景にあるグローバル企業の利益追求の恩恵を受けてきた。しかし今、サプライチェーンは自国回帰を含む単純化に向かう可能性が高まっており、そこではコスト効率のプライオリティは引き下げられざるを得ない。この点にアジア諸国の長期的なリスクがある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加