1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国経済ニュースレター(2019年12月)

新興国経済ニュースレター(2019年12月)

2020年の世界経済とトランプ・ファクター

2019年12月05日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

サマリー

◆米中摩擦の激化回避が共通の利益であることは両国に理解されているはずである一方、相変わらずのトランプ・ファクターが、「摩擦激化はない」というコンセンサス形成の邪魔をしている。金融危機に直面するアルゼンチンへの追加関税措置などは、極めて質の悪い政策である。

◆引き続き製造業の悪化と非製造業の堅調のバランスがどう変化するかが、世界経済の焦点の一つと考えられるが、こうしたグローバルな論点と離れて、各国の固有な要因から注意しておきたいのがトルコとインドである。トルコは経常赤字を出せない成長パスを余儀なくされてしまっており、エルドアン流の政策の放棄が求められる。インドではMake in Indiaへの意欲が薄れているかに見受けられる。同国のRCEP離脱表明は、その具体的な証左ではないか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加