1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国経済ニュースレター(2019年10月)

新興国経済ニュースレター(2019年10月)

製造業と非製造業のデカップリングが世界を救う?

2019年10月04日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆世界的に製造業の景況感が悪化している。この状況が早期に収束することは期待しがたいが、先進国においては製造業と非製造業とのデカップリングにより、極端な景気悪化は回避されると思われる。もっとも、この構図は製造業を成長のドライバーとしている新興国には当てはまらない。貿易停滞が長期化すればするほど新興国の不利が明確化しよう。

◆このところ新興国でも広くインフレ率が低下している。これが利下げモードを継続させる一つの背景になっているが、新興国の金融政策は外部環境次第の面がある。世界的な景況感が悪化するなどして為替防衛の必要から金利引き下げが困難になった時、新興国におけるディスインフレは実質金利を引き上げるという副作用をもたらす可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加