1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国経済ニュースレター(2019年8月)

新興国経済ニュースレター(2019年8月)

再度の「金融緩和 vs 米中摩擦」

2019年08月02日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆再度世界は米国から金融緩和という飴と対中圧力という鞭を与えられた格好だ。鞭の痛みは警戒しておくべきだが、必ずしも振り下ろされるとは限らない。一方、飴の甘さもいつまでも続くものではないかもしれない。金融市場は米国を起点とした金融緩和の実体的効果を過大評価してきた可能性があり、その反動が世界経済、特に新興国には脅威となり得る。

◆中国が直面するのは製造業の競争力を支える諸条件の悪化であるが、より長期的には、「投資から消費へ」という戦略が破たんしつつあるという側面がある。投資偏重是正のための最低賃金引き上げが、世界の工場の寿命を縮めてしまった。それが現在の政策的ジレンマを深めてもいる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加