1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの

新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの

~先進国との距離感がカギ~

2013年04月04日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

新田 尭之

井出 和貴子

サマリー

◆新興国の相対株価が下落し、国債のリスクプレミアムが拡大している。背後には欧州財政危機国のリスクプレミアムの拡大があると考えられる。ユーロ圏危機は今は「蓋」をされた状態にあるが、新興国にとってその潜在リスクが消えたわけではない。


◆一方で、株価、為替レートの国によるばらつきが目立っている。新興国の中での勝ち負けのカギと考えられるのが、産業構造、輸出比率などであり、総じて先進国との距離が短いほど、先進国主導の景気回復の恩恵を受けやすく、それが市場の評価として顕在化していると考えられる。従って、個々の新興国の課題がマクロ経済の予測可能性を高め、投資環境の整備を進めることにあるのは昔も今も同じである。そうした積み重ねによって、先進国とのリンケージを強めることが、経済の自律性の向上に先立つ必要があるからである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加