1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2012年8月)米欧中のバランスが世界景気の鍵

新興国マンスリー(2012年8月)米欧中のバランスが世界景気の鍵

~受身の新興国~

2012年08月03日

ロンドンリサーチセンター

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

新興国リサーチチーム

サマリー

◆2011年来の新興国経済の減速は、総じて新興国が保持する景気拡大のエンジンが弱い、ないしは外部環境の悪化がそのエンジンを宝の持ち腐れとする傾向が強いことを示してきた。そのような中では、良くも悪くも世界経済の転換の鍵を握っているのは先進国、およびグローバル市場の影響を受けにくい中国とならざるを得ないが、ユーロ圏危機の長期化が必至である以上、実質的には米中が世界経済の方向性を決めることとなろう。両国の景況感が明らかな改善に向かえば、外部環境の好転から新興国は政策の自由度を取り戻すことができるようになる。いずれにせよ、新興国全般の景気停滞はもうしばらく続くとみざるを得ない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加