1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2012年7月)主役になれない新興国

新興国マンスリー(2012年7月)主役になれない新興国

~残存するユーロ圏危機への警戒感~

2012年07月05日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

新興国リサーチチーム

サマリー

◆短期サイクルにおける欧州発の新興国通貨安圧力はピークアウトした可能性があるが、EU・ユーロ圏サミットへのポジティブな評価は近くフェードアウトしよう。通貨再下落の不安を抱えたまま、多くの新興国が利下げに踏み切れない状況が続きそうである。

◆原油価格の下落・安定の継続は、先進国主導のグローバル景気回復の可能性を高める。これはもちろん望ましい展開だが、新興国が主役になれない時期がしばし続くことを意味してもいる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加