1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 市場選択期間を控えた企業の開示動向

市場選択期間を控えた企業の開示動向

「計画書」の開示予定企業では今後の取組みの積極的な開示も

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆市場再編に伴う適合状況の一次判定結果が東証から各上場企業に通知された。それを受けて市場の選択申請を取締役会で決議した企業もあれば、「上場維持基準への適合に向けた計画書」(「計画書」)を開示(予定を含む)することで選択予定市場に上場する旨を開示した企業もある。一方で、一次判定では考慮されなかった例外規定の適用を受けるために、二次判定に進んでいる企業もある。

◆一次判定または二次判定の結果を受けて、企業は2021年9月1日~12月30日の市場選択期間内に自社が選択する市場で求められる書類を提出・開示することになる。

◆「計画書」を開示して上場を考える企業からは、上場維持基準への適合に向けた、中期経営計画骨子の公表、既存株主の保有株式の流動化による流通株式の増加策、IR活動を推進するための専門組織の設置等、今後の取組みへの積極的な言及が見られる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加