1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 財政不安が燻るイタリア向け与信が大きい国はどこか

財政不安が燻るイタリア向け与信が大きい国はどこか

BIS国際銀行統計(2018年第2四半期)

森 駿介

金融調査部 研究員 中村 文香

金融調査部 研究員 柿沼 英理子

サマリー

◆BIS(国際決済銀行、Bank for International Settlements)によれば、2018年6月末の国際与信残高は26.2兆ドルと、2018年3月末に対して▲0.7兆ドルと減少した。ドルが他の通貨に対して増価したことによる為替変動の要因が大きい。

◆財政問題により金利の上昇が見られたイタリアに対する国際与信残高のうち、フランスの銀行からの与信が約半分を占めている。それらの銀行では足元でのイタリア国債の価格低下に伴う評価損が大きい可能性がある。

◆邦銀の国際与信残高は、4四半期ぶりに減少し、4.0兆ドルとなった。地域別に見ると、米国向け与信の減少幅が最も大きく、新興国向け与信はほぼ横ばいであった。新興国においては、現地向け(現地における現地通貨建て)与信が増えている。

◆新興国向けのドル建てクロスボーダー債権残高の前期からの減少幅は2009年以来の水準となったが、残高が減少した国は少数の国に偏っていた。ただし、新興国において2019年以降にドル建て債券の償還額が大きくなることが予想されており、今後「ドル不足」が顕在化する可能性もある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加