1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 銀行カードローン・アパートローン残高増加の動向

銀行カードローン・アパートローン残高増加の動向

貸出残高の推移・背景とリスクを探る

金融調査部 研究員 森 駿介

金融調査部 研究員 飯嶋 カンナ

サマリー

◆銀行カードローンやアパートローンは足元で貸出残高を伸ばしており、その動向が注目されている。業態別の貸出残高は、都市銀行等ではカードローン等、地方銀行や第二地銀ではアパートローンの比率が相対的に高い。


◆銀行カードローン等残高の純増幅は、全銀協の自主規制策等を背景に2017年第3四半期で縮小している。カードローン等の借入目的は、生活資金の補てんが最も多く、借入を肯定的に捉える消費者も一定数いる。借り手についての理解を深めた上で、「近視眼的行動バイアス」が強い借り手による過剰な借入をいかに抑制するかが今後の課題と考えられる。


◆地域銀行を中心にアパートローンの残高が増加する一方で、全国の空き家率は20%弱と高い水準にある。将来の世帯数の減少が予測されているにもかかわらず、例えば、秋田・香川・徳島など、貸家向けの新設着工戸数の増加率が全国平均を大きく上回る地域もあり、今後の更なる空き家率の上昇に伴うアパートの収益率の悪化等のリスクがあると考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート