1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融ビジネス・金融IT
  5. 地域金融エコシステムの再構築へ

地域金融エコシステムの再構築へ

~地域金融の担い手が本格的に多様化する時代が始まるか~『大和総研調査季報』 2017年夏季号(Vol.27)掲載

金融調査部 主席研究員 内野 逸勢

サマリー

“地域金融エコシステム”の再構築とは何であろうか。


簡単に言えば、地域経済および地域社会・コミュニティの活性化・持続可能性を高めるために、あるいは地域内の資金を末端まで循環させるように、地域金融のエコシステム、つまり「地域金融における資金供給側と資金需要側をつなぐ経路(=金融商品を中心とした『資金調達ビークル』とそれを販売する仲介業者)の体系」を構築し直そうということである。


地域における資金需要者は、少子高齢化による地域経済の縮小に伴い、これまでの経済的な目的による資金調達だけではなく、社会問題を解決するための資金調達(ソーシャル・ファイナンス)が徐々に増えていると考えられる。このため、資金需要者は多様化、細分化、小規模化し、金融(資金)仲介業者は、ブロックチェーン等の先端的な技術を活用することによって多様化し始めている。地域銀行が、地域経済を活性化させるために地域金融の中心的役割を担うことは重要ではあるものの、ソーシャル・ファイナンスにまでコスト負担を求めることには議論の余地があろう。地域の社会的課題を解決するための、様々な資金を効率的かつ効果的に循環させるためには、仲介業者の多様化が必要ではないか。


大和総研調査季報 2020年10月秋季号Vol.40

大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加