1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 金融機関のGHG排出量算定で注目されるPCAF

金融機関のGHG排出量算定で注目されるPCAF

PCAFスタンダードの概要

2022年06月30日

金融調査部 研究員 藤原 翼

金融調査部 研究員 田中 大介

サマリー

◆PCAF(Partnership for Carbon Accounting Financials)は、投融資を介して間接的に排出されるGHG排出量(Scope3カテゴリ15)の算定・開示基準を策定する組織である。

◆Scope3の開示圧力の高まりから、PCAFが作成したスタンダードが注目され、これを活用する金融機関が増える公算が大きい。その背景として、①TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)やSBTi(Science Based Target Initiative)など、世界的に広く使われている気候変動関連開示の基準で、PCAFスタンダードの利用が推奨されていること、②PCAFが金融機関主導の組織であり、利用者が使いやすいGHG算定基準となっていること、③PCAF Japan coalitionの発足等が挙げられる。

◆2020年11月に正式に公表されたPCAFスタンダードでは、6つのアセットクラスについて算定基準が示され、現在も追加のスタンダードを検討中であり、順次策定される見通しだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加