1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. ESG投資において注目される人的資本(人的資本・健康経営シリーズ②)

ESG投資において注目される人的資本(人的資本・健康経営シリーズ②)

企業に人的資本関連情報の開示拡充を求める動きが強まる

2021年10月27日

金融調査部 主任研究員 太田 珠美

サマリー

◆人的資本はESG投資の判断要素の1つであり、ESG投資の拡大とともに、機関投資家の関心が高まっている。既に欧米では上場企業などに投資判断に必要となる人的資本に関する情報の開示を義務化している。日本においても人的資本に関する情報開示の在り方が議論されている。

◆人的資本に関する情報は、労働慣行や健康・安全、ダイバーシティや教育まで幅広い内容を含む。企業価値にとって重要な人的資本に関する情報は、企業の業務内容や、業務を行う国・地域によって異なる。

◆企業に対し人的資本の開示拡充を求める動きは今後強まるだろう。日本において開示が義務化されるか否かに関わらず、企業は具体的な開示内容について投資家等とエンゲージメントを深め、検討していくことが望ましい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加