1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 観光立国と日本の「稼ぐ力」③

観光立国と日本の「稼ぐ力」③

観光地域の広がり

2014年11月05日

調査本部 主席研究員 兼 社会連携担当 岡野 武志

サマリー

◆ビジット・ジャパン事業をはじめとする官民一体となった取り組みにより、大都市圏以外の観光地域を訪れる訪日旅行者が増加している。再訪回数の増加や旅行目的の多様化に伴い、各地の空港や海路を利用する訪日旅行にも広がりがみられる。


◆一方、訪日旅行者の宿泊地は偏りが大きく、大都市や知名度の高い京都府、北海道、沖縄県などへの滞在者が多い。訪日旅行の宿泊者数を増加させるためには、国内旅行の振興により観光地域の経営資源を充実させ、宿泊施設等の観光基盤を一定程度整備することも求められよう。


◆自由度が高い個人旅行が増加し、一般的な観光だけでなく、特定の目的を持った旅行やニューツーリズムが広がれば、これまで以上に幅広い地域が訪日旅行の対象となる可能性がある。観光地域では、ターゲットの選定や連携・協働などの戦略を立て、早期に実行することが重要であろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート