1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 情報公開度スコアリング企業は市場をアウトパフォーム

情報公開度スコアリング企業は市場をアウトパフォーム

CDPの情報公開度スコアに関する分析と日本のSRI拡大が期待できる動きの紹介

伊藤 正晴

サマリー

◆2010年10月に発表された日本企業を対象とするCDPの情報公開度スコアを用い、スコア上位と下位に二分して企業の株式リターンを分析したところ、次の結果を得た。

◆スコア公表後の平均リターンは、スコア上位が-3.18%、下位が-0.20%で、いずれも配当込みTOPIXの-3.54%を超えた。

◆スコア公表前を含む6年間の累積リターンも、スコア上位が-24.2%、下位が-22.1%となり、配当込みTOPIX の-41.3%を大きく上回った。

◆これらの結果は、気候変動問題への対応と情報開示がSRIにおけるESG要因として有益であることを示唆しているのではないか。

◆機関投資家が主流である欧米と比べると、日本のSRIは個人向けが中心で市場規模が非常に小さい。しかし、日本においても機関投資家によるSRIの拡大につながる環境が整ってきており、今後のSRI市場の拡大が期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート