1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 国民の資産形成促進のため政府と金融機関がすべきことは何か

国民の資産形成促進のため政府と金融機関がすべきことは何か

~「資産形成のためのリテラシー調査」中間総括~『大和総研調査季報』 2021年新春号(Vol.41)掲載

2021年01月13日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

金融調査部 研究員 渡辺 泰正

金融リテラシーチーム

サマリー

大和総研では、2020年1月に「資産形成のためのリテラシー調査」を実施し、税制や年金も含めた広義の金融リテラシーと投資行動との関係性を調査した。これまで発表したレポートにて、リテラシー向上が投資行動に結び付く可能性が高いこと、テレビを中心に経済・金融の情報収集を行う人はリテラシーが低く投資経験も少ないが金融教育のニーズはあること、貯蓄につき「夫婦共同で決定」する意向が若い世代ほど強まっていることが投資を困難とする要因となっていることが分かっている。

本稿ではこれまでの分析を踏まえて、改めてリテラシーと投資経験比率の関係を推定したところ、テレビを主な情報源とする人であってもリテラシーを高めることが投資に結び付く可能性が高いこと、貯蓄につき「夫婦共同で決定」する場合でもリテラシーが高ければそれは投資の抑制要因にはならないことが分かった。

これを踏まえると、国民の資産形成促進のためには、政府としてはテレビを主な情報源とする人にもアプローチできるよう、テレビなどを通じた広報活動を行い国民のリテラシーを高めていくこと、金融機関としては投資を望む顧客に対し配偶者や家族の理解や同意を得られるような情報提供を行い、世帯としての意思決定をサポートしていくことが重要といえるだろう。

大和総研調査季報 2021年4月春季号Vol.42

大和総研 リサーチ本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加