1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 米国の企業年金の資産運用動向

米国の企業年金の資産運用動向

米国の確定給付型年金(DBプラン)は、株式市場が回復し、足元のパフォーマンスが向上しても、債券投資へのシフトはより鮮明になってきた。

2011年06月27日

森 祐司

サマリー

◆Pensions & Investmentsの調査によれば、米国の確定給付型年金(Defined Benefit Pension Plan 以下DBプラン)の資産配分において、国内株式から外国株式あるいは米国債券にシフトさせる動きが、ここ数年続いていることが明らかとなった。米国DBプランでは投資実績のあまりないヘッジファンドへの投資といった動きも見られるが、全体的な資産配分比率で見るとまだ大きくはない。タイプ別で見ると、企業年金は国内株式を国内債券に、公務員年金は国内株式から外国株式へのシフトが特徴的である。

◆米国DBプランでは金融危機によって、DBプランの資産運用が抱えるリスクの大きさを再認識した。また、これまでのリターンを重視した運用姿勢から、年金負債の変動をより意識した運用へと変化してきている。DBプランの株式から債券へとシフトさせる動きの背景には、このようなリスクへの意識が強まっていることがある。さらに、将来的には規制環境、特に国際会計基準の変更などをにらみながら、LDI(年金負債対応投資)の導入や、資産配分を債券中心に変更するなど、負債変動をヘッジするような運用手法が広がっていくことが予想される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート