イノベーションの迷宮から脱出

アンゾフの戦略モデルを活用して一歩前進

RSS
  • コンサルティング第二部 主任コンサルタント 柳澤 大貴

サマリー

◆多くのビジネスパーソンがイノベーションを難しく考えすぎているようである。大きな成果を出さなければならないという呪縛にとらわれて、改革が進まないというジレンマに陥っている。

◆イノベーションを広義に解釈してみる。すると短期間に大きな改革を行うことだけがイノベーションではないことがわかる。むしろ小さな改善活動を継続して蓄積することが、大きな成果につながる場合もある。

◆アンゾフのマトリクスを参考に、イノベーションの着眼点や進め方のロールモデルを考察した。具体的な参考事例を引用しながら解説を試みた。

◆成功した偉人の意外な言葉にイノベーションの本質が隠されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

関連のサービス