1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 退職給付
  5. 定年延長の退職給付債務への影響について

定年延長の退職給付債務への影響について

~給付減額とならないケースと経過措置が必要となるケース~

2020年12月16日

コンサルティング企画部 受託計算課 主任コンサルタント 逢坂 保一

サマリー

本年9月に弊社で開催した定年延長セミナーの質問コーナーに寄せられた質問から、2つの事項についてその内容を紹介するとともに、退職給付債務への影響についても考えてみる。なお、ここでは 60 歳から 65 歳の定年延長を前提とした。また、セミナー本編の内容については、『定年延長における退職給付制度 3つの支給形態と財務的影響(2020年9月開催のセミナーの論点) 2020年11月04日』(※1)をご覧いただきたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス