1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 地方創生
  5. ロボット新戦略 ロボットオリンピックで金メダルは取れるのか(前編)

ロボット新戦略 ロボットオリンピックで金メダルは取れるのか(前編)

ロボット新戦略の概要とロボット革命の鍵を握るサービスロボット

経営コンサルティング第二部 主任コンサルタント 弘中 秀之

◆2015年1月23日、「ロボット新戦略」が公表された。これは、アベノミクス第三の矢の成長戦略、「『日本再興戦略』改訂2014」の「日本の『稼ぐ力』を取り戻す」の中で、企業統治(コーポレートガバナンス)の強化等と並び掲げられた施策のひとつとなる。


◆ロボット新戦略では、ロボット革命を実現し、ロボットの市場規模を2020年までに製造分野で現在の2倍(6000億円から1.2兆円)、サービスなど非製造分野で20倍(600億円から1.2兆円)とする方策が示された。また、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に合わせ、ロボットオリンピック(仮称)を開催することも謳われた。


◆これらの取り組みにより、「世界一のロボット利活用社会」「世界のロボットイノベーション拠点」「世界をリードするロボット新時代への戦略」を構築することが、ロボット革命で目指す三つの柱となっている。


◆課題先進国と言われる日本の現状を打破し、課題解決先進国となるためには、サービスロボット分野でどれだけ新しいロボットを開発し、普及させるかが鍵となるであろう。


◆2020年までに残された期間は5年。市場規模はロボット普及の結果であるが、この期間に、サービスロボット分野において、現在の産業用ロボットの市場規模の倍の市場をいかに創出するのか。今の延長線ではない、非連続な成長が求められている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

関連のサービス