1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 地方創生
  5. 横浜市の三セク債について

横浜市の三セク債について

地方財政健全化の動きが広がる

2013年07月31日

中野 充弘

金融調査部 主任研究員 鈴木 文彦

◆地方財政健全化へ向けて、三セク債発行(今年度が特例期間の最終年度)の動きが広がっている。


◆横浜市は今下半期に1380億円の三セク債発行を計画し、土地開発公社を解散する方針。昨年度の試算によれば120~160億円の金利負担減の見通し。


◆表面上の市債残高は増加するが、外郭団体などに対する負担分も考慮した「市全体の借入金」でみると、中期計画通りに減少傾向を続ける見通し。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加