1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. その他調査・分析
  5. 次期エネルギー基本計画への期待

次期エネルギー基本計画への期待

~カーボンニュートラルに向けた「再エネ」とその先の「水素」~

経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 平田 裕子

サマリー

2020年10月26日に行われた菅首相の所信表明演説では、「我が国が2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」と述べられ、我が国が、2050年にカーボンニュートラルを目指すことが宣言された。2050年カーボンニュートラルについては、2019年6月に英国が“Climate Change Act”にて世界に先駆けて法制化を図り、2020年3月にはEUが法制化に向けた“European Climate Law”(案)を発表、米バイデン氏も公約として掲げてきた。また、2020年9月には新興国である中国の習国家主席が2060年カーボンニュートラルを宣言するなど、世界的な潮流となりつつある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス