1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. IR支援
  5. 今から始めるTCFD対応

今から始めるTCFD対応

10分でわかる気候変動関連開示のポイント①

経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 宮内 久美

サマリー

◆資本市場において、ESG開示、特に気候変動に関連する情報開示への要求が高まっている一方、気候変動の影響を財務面と結び付けて考えたり、開示したりすることに不慣れな企業も多い。

◆本シリーズでは、改訂コーポレートガバナンス・コードにおいても言及されているTCFDについて、その最終報告書をもとに、気候変動関連開示についての初歩的な解説を行う。

◆TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures 気候関連財務情報開示タスクフォース) は気候変動に関連する財務情報の開示の充実を目的として組成されたタスクフォース。2017年10月に発表された最終報告書において提言がまとめられた。

◆TCFDでは、気候変動に関連するリスクと機会があり、各々についての財務的な影響を考慮すべきとしている。気候変動に関連するリスクには、「低炭素経済への移行に関連するリスク(移行リスク)と「気候変動の物理的影響に関連するリスク(物理的リスク)」がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス