共通だが差異ある責任

2012年10月1日

解説

1992年に開催された国連環境開発会議(地球サミット)では、先進各国が環境保全を重視する一方で、貧困問題などに苦しむ開発途上国からは、開発の権利や技術移転・資金供与の重要性などが強く訴えられた。さまざまな対立点について議論が深められた結果、21世紀に向けての国家と個人の行動原則である「環境と開発に関するリオ宣言(リオ宣言)(※1)が採択されたが、その中で「現在の地球環境の悪化を引き起こしたのは、主として先進国の社会経済活動によるところが大きいが、限りある地球の一員として、開発途上国も持続可能な開発を実現し地球環境を保全していく責任があるという考え方(※2)」が示されている。

リオ宣言:第7原則

共通だが差異ある責任という考え方は、地球サミットから20年後にあたる2012年に開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)でも踏襲されている。同会議の成果文書として公表された「The future we want」(※3)では、第15パラグラフにおいて、リオ宣言の原則を再確認することが示されている。しかし、かつての開発途上国の中に急速な経済成長を遂げている国々がみられる一方、景気後退や財政問題に苦しむ先進国も多く、20年前の枠組みをそのまま維持していけるとは限らない。開発途上国と先進国という二分法的な区分の意義が薄くなっているとすれば、環境保全と経済成長の両立に向け、各国が自らの責任を自覚して、最大限の努力を積み重ねていくことが重要であろう。

The future we want:15.

(※1)「環境と開発に関するリオ宣言」環境省
(※2)「平成5年版環境白書:第3章第3節=地球サミットの成果と今後の実行」環境省
(※3)「The future we want」リオ+20事務局 

(2012年10月1日掲載)

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。