カーボンフットプリント(CFP)

2009年9月4日

  • 穴水 正博

解説

「カーボンフットプリント(CFP)」とは、製品のライフサイクル全体を通して排出された温室効果ガスをCO2に換算し、消費者が製品を選択する際の一つの指標となるように、ラベルなどを用いて分かりやすく表示する仕組みのことである。「原材料調達→生産→流通・販売→使用・維持・管理→廃棄・リサイクル」といった製品のライフサイクル全体を考慮することから、LCA(Life Cycle Assessment)の考え方を利用していると言える。サプライチェーンから消費者に至るまで全ての関係者に、環境負荷低減の取り組みを意識させる手段の一つとして注目されている。CFPの計算式を図表1に示す。

2009年3月に経済産業省より「カーボンフットプリント制度の在り方(指針)」が発表され、制度化への歩みは着実に進んでいるが、(1)算出方法が難しい、(2)偽装表示を防ぐための第3者機関が必要である、など課題も多い。

例えば、シャンプーのカーボンフットプリントを算出する場合、1回の洗髪で使う量は髪の長さや習慣によってバラつきがあり、使用するお湯の量や温度設定によってもCO2排出量は変わってくる。利用者の状況や場面の設定をどのように想定し算出するか、その前提条件をどのように追加表示するべきか、などについて議論が進んでいる。

英国では2008年2月時点で20社、75品目(お菓子や飲料、Tシャツなどの日用品)にCFPが表示されているが、日本でも早めの制度設計と運用が期待されている。

図表1 CFPの計算式
CFPの計算式

CFPの計算式(表)
出所:経済産業省「カーボンフットプリント制度の在り方(指針)」

(2009年9月4日掲載)

関連キーワード

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ