xEMS(エネルギーマネジメントシステム)

2012年9月6日

解説

xEMSは、ITを活用した電力やガス等のエネルギーマネジメントシステム(Energy Management System:エネルギー管理システム)のことである。xの部分がHomeだとHEMS、BuildingだとBEMS(※1)、FactoryだとFEMSとなる。それぞれ、住宅、ビル、工場のエネルギーを管理するシステムを指す(図表)。

主な機能は、エネルギー需給状況の「見える化」と、環境変化(気温、日照、季節等)やエネルギーの需給状況に対応して設備・機器のエネルギーを制御することである。エネルギー供給側からのスマートメーター経由の需給情報や、自家発電(太陽光発電等)状況、家電・OA機器・空調設備・電気自動車等によるエネルギー消費の情報を使って、自動的に設備・機器のエネルギー使用を制御する。これにより効率的なエネルギー管理が可能になり、省エネにもつながると期待されている。

さらに、HEMS、BEMS、FEMSと連携して、電力系統(一般の電力会社)や各地の再生可能エネルギーも含めた、地域全体のエネルギー管理を行うことをCEMS(Community Energy Management System:地域エネルギーマネジメントシステム)と呼ぶ。CEMSがつながったもの(大きくしたもの)がスマートグリッドといってもよいだろう。

スマートグリッド

(※1)従来、ビルの空調、照明、エレベータ、防災機器等を中央監視室等から監視するシステムを、BAS(Building Automation System)と呼んでいる。BASと連携、または包含してエネルギー管理を行うものをBEMSと呼ぶ。ただし、この場合は「Building and Energy Management System」となる。

(2012年9月6日掲載)

関連キーワード

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。