1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. 公的年金による地域間の再分配

公的年金による地域間の再分配

公的年金は世代間に加え、地理的な再分配にも寄与

2015年12月15日

金融調査部 主任研究員 中里 幸聖

サマリー

◆世代間の所得再分配が公的年金の基本であるが、現在の我が国では、現役世代と高齢世代に地域的な偏在があるため、公的年金は結果として地理的な再分配にも寄与している。


◆都道府県別の公的年金の保険料、年金額の県GDP比を比較すると、三大都市圏をはじめとする大都市圏で徴収された保険料が、その他の地域に年金給付として分配されている姿が浮かび上がる。


◆高齢世代等の地域的な偏在が今後とも続くのであれば、公的年金は引き続き地域再分配機能を発揮することとなろう。一方で、国立社会保障・人口問題研究所の推計などでは、今後は大都市圏での高齢化が急激に進行すると予想されている。こうした将来の人口動向を踏まえ、公的年金を通じた所得再分配が地域経済にどのような影響を及ぼしているかの検証も重要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加