1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 新陳代謝で生産性を向上させる介護業界

新陳代謝で生産性を向上させる介護業界

ソーシャルボンドの発行で事業を拡大する企業も現れている

2021年03月22日

政策調査部 研究員 石橋 未来

サマリー

◆2020年の介護事業者の倒産件数は過去最多となった。他方、介護関連のM&A件数が2020年に過去最高となった。国内リートによるヘルスケア施設の取得も2020年に一段と増えた。

◆SDGs債の発行が増えているが、中でもソーシャルボンドが大きく増加している。ソーシャルボンドで調達した資金でヘルスケア施設を取得し、介護ビジネスの拡大を図る企業も現れている。SDGs債市場の発展は、介護業界の再編の後押しとなるだろう。

◆事業の見直しや新規投資の増加など介護業界全体の新陳代謝が進むことで、産業としての生産性向上が期待される。ただし、それには介護事業者の創意工夫を妨げない環境整備に加え、介護報酬改定を戦略的に捉える視点も重要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加