1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 阪神・淡路大震災時の税制特例措置

阪神・淡路大震災時の税制特例措置

東北地方太平洋沖地震において考えられる税制上の対応

2011年03月15日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震において、大きな被害が発生している。

◆1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の際には、1995年2月20日に「阪神・淡路大震災の被災者等にかかる国税関係法律の臨時特例に関する法律(以下、震災税特法)」などが制定され、被災者への便宜措置や、復興のための税制優遇措置などが設けられた。

◆本レポートでは、阪神・淡路大震災の際に取られた税制特例措置について紹介する。政府には、今回の東北地方太平洋沖地震においても同様もしくはそれ以上の対応が求められる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加