1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 2011年度税制改正大綱(市民公益税制)

2011年度税制改正大綱(市民公益税制)

認定NPO法人への寄附に所得税の税額控除制度を導入

2011年01月11日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆政府は、2010年12月16日に2011年度税制改正大綱(以下、大綱)を閣議決定し、公表した。大綱には、認定特定非営利活動法人(以下、認定NPO法人)への寄附に所得税の税額控除制度を導入することなどを内容とする市民公益税制が盛り込まれた。

◆市民公益税制とは、特定非営利活動法人をはじめとする、市民が参画する様々な「新しい公共」の担い手を支える環境を税制面から支援する制度とされている。

◆政府税制調査会の市民公益税制PTが2010年12月1日に公表した「市民公益税制PT報告書」の内容が大綱に盛り込まれている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加