1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 有価証券の減損処理(会計・税務)(2)~時価がない場合

有価証券の減損処理(会計・税務)(2)~時価がない場合

時価等が著しく下落した場合の評価損の計上及び損金算入

2009年02月06日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

鈴木 利光

サマリー

◆2008年は、世界的な金融危機に被われた年となった。

◆その結果、我が国の企業における2009年3月期の決算は、保有している有価証券の減損処理が一つのトピックとなるものと考えられる。

◆そこで、本稿では、有価証券のうち時価のないものの減損処理について、会計・税務の双方の側面から、簡潔に解説するものとする。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加