1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. ファイアーウォール規制の見直し

ファイアーウォール規制の見直し

情報授受規制を緩和する一方、弊害防止措置の実効性を強化

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

金融調査部 主任研究員 横山 淳

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

小林 章子

サマリー

◆2021年6月18日、金融審議会 市場制度ワーキング・グループが、国内顧客に関する銀証ファイアーウォール規制等の見直しに関する報告書を公表した。

◆報告書は、金融グループ内の銀行・証券会社間における顧客(「上場企業(グループ)等」に限る)の非公開情報等の共有禁止等の方法について見直す一方、弊害防止措置として、顧客情報管理、利益相反管理、優越的地位の濫用防止の実効性確保を提言している。

◆今後制度の詳細が検討されることになるが、金融サービスの顧客が適切に情報共有の可否を判断でき、その意向が反映されるよう、顧客の目線に沿った制度とする必要がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加