1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 地域銀行の役員報酬の姿

地域銀行の役員報酬の姿

業績連動報酬の割合は約2割、指標には当期純利益を使用

金融調査部 研究員 藤野 大輝

サマリー

◆上場している地域銀行(地方銀行、第二地方銀行、及びこれらの持株会社(計73社))の役員報酬ミックスは、固定報酬が75.6%、業績連動報酬が21.7%となっており、主要銀行グループの役員報酬ミックスと比べると、業績連動報酬の割合が小さい。ただし、次年度からの業績連動報酬の導入を決定する地域銀行も見受けられ、今後、業績連動報酬の拡大が見込まれる。

◆業績連動報酬に係る指標として最も多く使われているのは「当期純利益」(37社)であった。そのほか、「(コア)業務利益」(8社)、「OHR」(経費率=営業経費/粗利益)(3社)等も用いられている。業績連動報酬の指標は、経営方針を反映しているとも考えられ、地域銀行は利益の拡大を重視していると捉えられる。また、SDGsに関する指標を用いている地域銀行も見受けられた。

◆業績連動報酬の指標として当期純利益を用いている理由には、「業績・企業価値向上への意欲を高める」(20社)、「当期純利益は経営の最終結果を示す指標である」(7社)、「株主価値を向上させる・重視する」(5社)、「経営陣の経営責任を明確化する」(4社)等が挙げられていた。

◆本稿の集計により、地域銀行の平均的な報酬設計の姿が分かった。しかし、目指すべきは自社の経営方針を十分に反映した報酬設計であろう。その上で、さらに投資家等にとって分かりやすい開示が拡充していくことが期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート