1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. バーゼルII Q&A(株価指数先物取引)

バーゼルII Q&A(株価指数先物取引)

対象資産の信用リスク・アセット額の算出も必要

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆2008年3月31日に金融庁は、バーゼルIIの追加のQ&Aを公表した。

◆Q&Aでは、株価指数先物取引について、次の考え方を示している。
(1)「先物資産購入」に該当するため、対象資産に係る信用リスク・アセットの算出が必要
(2)取引の相手方が「清算機関等」に該当するのであれば、取引の相手方の信用リスク・アセットの算出は不要

◆未決済取引については、同時決済取引の場合は、約定上の決算期日後に有価証券等の引渡し又は資金の支払が行なわれていない営業日数が4営業日以内の場合は、未決済取引としての信用リスク・アセット額の算出を要しないことなども示している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加