1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. バーゼルIIQ&A (レバレッジ付ファンド)

バーゼルIIQ&A (レバレッジ付ファンド)

ロング・ポジションに基づきリスク・アセット算出

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆5月9日に金融庁は、バーゼルIIの追加のQ&Aを公表した。

◆Q&Aでは、主に、次の点について基本的な考え方を示している。
(1)レバレッジのかかったファンドの標準的手法における取扱い
(2)個々の金融商品が証券化エクスポージャーに該当するか否かの区分 など

◆本レポートでは、このうち(1)について解説する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加