1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 自筆証書遺言書の保管制度の適用開始

自筆証書遺言書の保管制度の適用開始

2020年7月10日から適用開始

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2020年7月10日から、自筆証書遺言書を法務局に保管することができる制度(自筆証書遺言書の保管制度)の適用が開始される。本制度により、自宅で自筆証書遺言書を保管する場合に、紛失したり、相続人によって改ざんされたりするリスクを回避できる。

◆遺言者の死亡後、相続人等は法務局に対して、遺言書の閲覧や、遺言書の内容を証明する「遺言書情報証明書」の交付を請求できる。相続人等の一人がこれらの請求をした場合、法務局から他の相続人等に対して遺言書を保管していることが通知される。

◆自筆証書遺言書は開封する際、原則として、家庭裁判所で相続人の立会いの下、相続人に対し遺言書の存在とその内容を知らせる「検認」と呼ばれる手続きが必要である。しかし、本制度を利用する場合、検認は不要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加